知ろうとしない素人は取扱い注意


ちょっと仕事の話(というか愚痴)。

受託開発を行う会社目線で思う、Webという世界で、

Webサービスというものは、明確な「モデル」があり
サービス運営と成長は、「情熱とアイデア」「スピード」重要

ここでの運営者とはいわゆる「お客様」であり
モデルを形にシステム化を柔軟に実現することが「開発者(開発会社)」である。

サービスが生まれる過程は、
(Step1) 漠然としたイメージ・要望を形に、新たなサービスモデルを定義する。
(Step2) イメージをシステム化して、サービスを展開する。
(Step3) ユーザ対応だけでなく、サービスをより充実・成長させていく。

サービスを成長させていくためにはより良くなるよう考えることはとても大切。

では、この(Step3)つまりは、成長において必要なのはアイデア。

更にこんなことが実現できることなのかどうか?

それを判断することは運営者にはなかなかできない。
できたシステムからだと余計に難しいこと。

いや、基本的にできないものは無いが、
改修を少なく実現できるのかがわからない。
というのが正しいかもしれない。

それ故に、お客様と開発者は密接な関係である必要があり、
お互いを理解することは、サービスの運営と成長において非常に重要ポイントになる

ここで本題。

気持ち理解することはできても、システムを理解することはなかなか難しい。

だからといって、

システムを理解しようとしない運営者が、
サービスを運営することには非常に違和感と苛立ちを感じる。
補足しておくが、「システム」というのは誰もプログラムの内容どうこうではなく、
基本的な「仕様」や「サービス全体の仕組み」と言っておきます。


問題は、伝え方もあるが、理解しようとしているか。していないか。

これはである。

開発者から見るシステムの「素人」。
知ろうとしない」その姿勢を

うまくコントロールしながらサービスをうまく成長させるサポートができるか。
(つまり仕事をもらうか)

ちょっと悩んだとある平日の一日でした。
 
JUGEMテーマ:インターネット

 
コメント